21と28の違いは?|マーベロン28は避妊薬として人気かつ優秀な薬となります

21と28の違いは?

白い薬

ではトップでも言った通り、最初にマーベロン28とマーベロン21の違いについてここでまずは解説していきたいと思います。

まずマーベロン28とマーベロン21の違いは、「何錠入っているのか?」という部分になります。
もちろん数字から見てもわかるようにマーベロン28には28錠、そしてマーベロン21には21錠が入っています。
なぜこのように数字が分れているのかというと、低用量ピルと呼ばれる薬は日々飲み続けないといけないタイプの薬になるからです。
つまり1回飲んだだけで避妊できるようになる、といったものではありません。

マーベロン21は21日間連続1シートを飲み続けるタイプとなり、7日間飲むのを休んだあとに再度1シートを21日間飲み続けるというサイクルになります。
飲まない期間として設けられる7日間ですが、これを「休薬期間」といいます。
休薬期間の間に月経がやってくるようになっているのです。

そして一方でマーベロン28の方には薬本来の成分がまったく含まれていない偽薬が7錠入っているのが特徴です。
先ほどと同様に21錠を毎日飲み続け、その翌日から7日間は偽薬を飲み続けることになります。
偽薬を飲み終わったらまた再度21錠を毎日1錠ずつ飲み続けていきます。

これだけ聞くと偽薬を飲む意味がわからないところだと思いますが、あえて偽薬を飲む理由は「飲み忘れを防ぐため」です。
7日間という休薬期間をうっかり過ぎてから気づく人も多いので、マーベロン28の方が安全に間違えずに飲み続けることができるということになります。
これから初めて飲み始めるという初心者は、マーベロン28が一番おすすめです。